« 台風19号が通過した宮崎海岸 | トップページ | 桜を見に名護屋城へ »

2014年10月20日 (月)

夕方の名護屋城

ちょうど、NHK大河ドラマでも題材となっている名護屋城です。
佐賀県の日本海側、現在は唐津市に合併されている鎮西町の日本海を望む山の上にあります。

Dsc_0005_01
大手口の景色です。

歴史的に、不幸な出来事の拠点となった場所であるのですが、かなり大きな城郭であることに驚きました。

Dsc_0007_01

本丸から見た、呼子の湾の天然の防波堤 となっている可部島とPC斜張橋形式の呼子大橋です。

Dsc_0010_01

天主はこのように一番海が見える場所にせり出して造られていました。

Dsc_0026_01

天主跡から望んだ日本海です。壱岐、対馬を見ることができます。やはり、国境の海というイメージが強い場所です。

Dsc_0027_01

Dsc_0016_01

水平線に見えるのが、壱岐、対馬です。今は、うっそうとした木々が見えますが、勝手は諸国大名の陣屋が設置されていたことから、密集した城郭都市だったと創造できます。


Dsc_0020_01


Dsc_0036_01
 

|

« 台風19号が通過した宮崎海岸 | トップページ | 桜を見に名護屋城へ »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

ブログの写真を見せていただいて、九州を懐かしく思い出していました。
住んでいるときは、意識しないと近くを見てまわらないものですよね。

私も1月から九州です。
仕事もしますが、福岡周辺を堪能する時間もつくろうと思っています!

ではでは

投稿: えとう | 2014年11月29日 (土) 11時50分

福岡へ転勤ですか?
又、よろしくお願いしますね。

投稿: Nekton | 2014年12月 1日 (月) 08時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/57721018

この記事へのトラックバック一覧です: 夕方の名護屋城:

« 台風19号が通過した宮崎海岸 | トップページ | 桜を見に名護屋城へ »