« 海岸侵食対策 かくし護岸 | トップページ | 日向夏の食べ方 »

2012年3月31日 (土)

エチゼンクラゲ発生地域特定か?

12_hachi_sub

クラゲの一生です。(クラゲの展示が充実している「海きらら(九十九島水族館)」のページより
鉢クラゲの一生です。


3月上旬の記事だったのですが、海守ブログに、エチゼンクラゲの小さな個体2mmが中国沿岸で、発見されたとか。
クラゲは、ポリプの状態から、幼生になって行きますが、一つのポリプから大量の幼生が生まれていきます。
ポリプから離れてすぐの小さな個体が採取されたことから、この海域付近で生まれている可能性が高いと言うことです。
詳しくは、海守のブログへ。

生まれる場所が解れば、大量発生する理由も解りそうですね。

|

« 海岸侵食対策 かくし護岸 | トップページ | 日向夏の食べ方 »

海洋のこと」カテゴリの記事

コメント

エチゼンクラゲ、以前に食べたことあります。梅肉和えだったと思います。
結構おいしかったですよ。
今、手に入るかどうかはわかりません。試験的に作ってみた商品だったようです。

投稿: morimiki | 2012年3月31日 (土) 20時16分

クラゲの和え物は有りますよね。
一時期の大量発生のときは、食べることも試してたんですね。
カワハギがエチゼンクラゲを食べるのは聞いてましたが。
人は何でも食べてしまうところがすごい。

投稿: Nekton | 2012年3月31日 (土) 21時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/44698192

この記事へのトラックバック一覧です: エチゼンクラゲ発生地域特定か?:

« 海岸侵食対策 かくし護岸 | トップページ | 日向夏の食べ方 »