« TRIO TS-520X レトロ無線機 | トップページ |  那覇港です。 (港の写真は無いのだが) »

2012年1月15日 (日)

アップルのサプライヤーリスト公表

Lcwith12inchcolor224_2

Mac_lc3_3

かって、自宅で使用していたApple ComputerのMacintosh LC III(写真は借り物です)です。

大学生の時代は、研究室ではNECのPC8801MK2を使用していました。
就職してすぐには、会社にも支社には個人用のパソコンpcは無かった時代です。

Apple2とMacintosh SE30が発売されて、支社内で数名に1台の利用が始まり、thunderネットワーク(アップルシェア)で、プリンターの共有、電子メールloveletterの使用が始まりましたね。

携帯電話の個人使用は考えられないころです。

個人的なパソコン購入は、写真のApple ComputerのMacintosh LC III(1993年頃発売だったかと)を使い始め、ニフティーサーブの回線でインターネット接続も始めました。

当時はWebページを作っているのは、アメリカの会社くらいで、接続テストにPlayboy誌のHPを使っていました。

アップル社が、現在の製造協力会社(156社)のリストを発表しました。

「Apple_Supplier_List_2011.pdf」をダウンロード


大手では、東芝、ソニー、パナソニック、サンヨーなどが並んでいますが。その他で、Japan Aviation Electronics Industry, Ltd.(日本航空電子):加速度計、Daishinku Corporation (KDS)(大真空)水晶振動子、Toyo Rikagaku Kenkyusho Co., Ltd.(東洋理化学研究所株式会社):ステンレス加工・研磨、Zeniya Aluminum Engineering, Ltd.(ゼニヤアルミニュウム製作所):アルミ筐体製作などががんばってますね。

現在の自宅PCは、EPSONのデスクトップと、Acerのノートパソコンです。

|

« TRIO TS-520X レトロ無線機 | トップページ |  那覇港です。 (港の写真は無いのだが) »

ギア」カテゴリの記事

コメント

大昔のコンピュータ、なつかしいです。
ソフト会社の社員だった私は、退職してからコンピュータとは無縁の生活。
今のコンピュータのソフトがどんなになってるか想像もできないです。
新入社員のころ、データの入力は紙のパンチカード、フロッピもまだなくて、磁気テープ使ってました。
磁気テープ、重たかった。
大学のときは、紙テープも使ったなあ。
一年ごとにコンピュータの世界は変化して行きました。若かったからついて行けたんだと思います。
今は、.....。なんとか、ネットを見ることができるぐらいです。

投稿: morimiki | 2012年1月16日 (月) 08時01分

morimikiさん

今年もよろしくお願いします。
コンピューターの進歩は、私たち世代の学生からの変化時期とほぼ同じですね。
学生のときに学部で最大のコンピューターが32bitマシンでしたから、今のゲーム機より性能が低いですもんね。それを、みんなで順番に使っていました。
最初に自分でコンピューターを買えたのが、casioのポケットコンピューターで4bitマシンでした。
でも、BASICが使えて、感熱紙の印刷までできたので、卒論のとき重宝しました。
あのころ卒論は、トレペに書いて、青焼きで提出でしたから、図もロットリングでトレースしてましたね。
今みたいに、エクセル、ワードがあれば、卒論提出は楽だったでしょうね。

その分、内容が濃くなったのかな。

投稿: Nekton | 2012年1月18日 (水) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/43750913

この記事へのトラックバック一覧です: アップルのサプライヤーリスト公表:

« TRIO TS-520X レトロ無線機 | トップページ |  那覇港です。 (港の写真は無いのだが) »