« 横浜港に行ってきました | トップページ | AKOGAREのセイル・トレーニング »

2011年10月15日 (土)

インスタントラーメン

ラーメンは日本の国民食となっていますが、インスタントラーメンには大変御世話になっています。
特に、中学生、高校生の時の夜食では御世話になりました。

先週、テレビで日清食品がカップヌードル博物館を造ったと聞きました。できたのは横浜港臨海部でちょうど行く機会が。臨港地域の見学ついでに訪れてみました。


Dsc_0006


横浜港の新港埠頭に有るのですが、ホームページはこちらです。

入り口を入ると広い階段で2階の展示室に。

Dsc_0008

入るとすぐに、日清食品のインスタント食品が年代別に展示して有ります。

Dsc_0009

一番最初の製品は、チキンラーメンですね。

Dsc_0010

私の世代だと、「出前一丁」、「日進やきそば」が懐かしいですね。
カップヌードルの登場は、1971年です。
浅間山荘事件で、機動隊が食べていたのをテレビ中継で映ったことがヒットのきっかけになったとも聞きますが。

大学生の頃には、本当に色んなメーカーのカップ麺に御世話になりました。

Dsc_0011

Dsc_0013

展示は、創業者でインスタントラーメンの発明者である安藤百福さんの自伝的展示のイメージが強いですが、まずまず面白いです。

インスタントラーメンの発明をした小屋?の復元模型が有りました。

Dsc_0014

以前、NHKの朝ドラで「てるてる家族」というのが放映されていましたが、この家族の三女(上野樹里)が安藤百福らしき人の所に通っていたのが思い出されます。

アトラクションとして、自分だけのカップヌードルを作る「マイカップヌードルファクトリー」、チキンラーメンを手作りする「キチンラーメンファクトリー」、世界の麺料理が食べられる「NOODLES BAZAAR ワールド麺ロード」とかが有ります。

|

« 横浜港に行ってきました | トップページ | AKOGAREのセイル・トレーニング »

グルメ・クッキング」カテゴリの記事

コメント

新潟県上越市に住んでたことがありますが(20年ほど前)、近所のスーパーに日清ヤキソバはありませんでした。明星のやつしかなかったなー。
ないと思うとすごく食べたくなって、福井で買いだめして上越に戻ったりしてました。鳥野菜みそもついでに。

投稿: morimiki | 2011年10月16日 (日) 08時37分

morimikiさん

おひさしぶりです。
私のupが少ないからでしたかね。

ご当地食品は、本当に色んなものが有りますね。
袋麺ではスガキヤの「味噌煮込みうどん」が、赤味噌好きの私の冬の定番です。
小さい土鍋で作り、野菜と卵、ボリュームが欲しいときには、御餅も入れます。

鳥野菜みそは、福井の料理ですか。
福井といえば真子の缶詰が気になっています。
冬帰省したときに、親に真子の煮物を作ってもらっていますが、冬以外でもたらこが食べられるとは知りませんでした。
石川県では製造だけで、あまり売ってないようですが、製造しているメーカ(白山市)から取り寄せてみようかと思ってます。


投稿: Nekton | 2011年10月16日 (日) 13時24分

とり野菜味噌は松任だったかな?石川県の昔からある商品です。知らなかったなんてショック!
でも福井の真子の缶詰は、見たことあるけど、あれは福井のものだったのですか。
半世紀生きてるのに知らないことだらけです。
それにしても、おたがいにくいしんぼうですね。

投稿: MORIMIKI | 2011年10月16日 (日) 21時49分

鳥野菜味噌は知りませんでした。
石川県も奥深いですね。
真子の缶詰は、生産が石川県、消費のほとんどが福井県だそうです。

今年の年末は、冶部煮をマスターして九州に帰りたいと思いますが、生のすだれ麩が九州では手に入りません。そこが課題です。

投稿: Nekton | 2011年10月17日 (月) 23時20分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/42524484

この記事へのトラックバック一覧です: インスタントラーメン:

« 横浜港に行ってきました | トップページ | AKOGAREのセイル・トレーニング »