« 居酒屋の話題 | トップページ | 東京灯標なんですが ちょっと思い出が有ります »

2011年9月 2日 (金)

気仙沼市の復旧の現状

先週も、気仙沼に復旧の仕事で訪れました。
いつも、災害復旧の仕事をするときのジレンマなのですが、地元のため、復旧のためと、会社の利益のための仕事とのトレードオフになります。
そのため、8月はじめからちょっと鬱状態が継続しており、書き込みが少なくなっています。
先週の気仙沼市の状態ですが、唐桑半島の御崎港では春先に満開だった藤が実をつけていました。
Sdsc_0306

この藤棚も一度撤去して地面を嵩上げしないといけないのが残念です。
Sdsc_0307 藤は子孫を残す準備が万端でした。
夏の終わりに、御崎港は非常にきれいな空でした。
Sdsc_0282
Sdsc_0301
気仙沼漁港は、水没しながらも操業しています。
気仙沼漁港で水揚げされた秋刀魚を民宿でいただいてきました。
塩焼き、刺身ともに非常においしかったです。(地元でも1匹300円したそうです。)
Sdsc_0345 秋刀魚を揚げている岸壁の横はまだこんな状態です。

|

« 居酒屋の話題 | トップページ | 東京灯標なんですが ちょっと思い出が有ります »

シビルエンジニアリング」カテゴリの記事

コメント

お疲れ様です。ボランティアで現地を訪れるのとは違い、仕事なら様々な軋轢もあるでしょうね。
しかしどちらも地域の復興をめざすことには変わりはないと思います。気長にいきましょう!身体に気を付けてね。

投稿: Repu | 2011年9月 2日 (金) 04時41分

立派な藤棚ですね。
藤の花は天ぷらにすると割と美味でよいのですが、藤の豆は毒があり食べられません。
たくさんおいしそうなのがぶら下がっていても、決して食べないように。

投稿: morimiki | 2011年9月 2日 (金) 07時33分

Repuさん
気長にやっていきます。
気が休まらない時期が長くなってます。
躁の時期と、欝の時期が有ると自覚してますので、時々休憩します。
まだまだ被災地は大変ですね。
自分も含めて「がんばろう東北」です。

投稿: Nekton | 2011年9月 2日 (金) 23時39分

morimikiさん
重要な情報ありがとうございます。
もう少しで種を食べる寸前でした。
この木は残念ながら一度切られることになるかと思います。
今度行った時に乾燥した種を採取して来たいと思っています。
食べないようにします。

投稿: Nekton | 2011年9月 2日 (金) 23時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/41461062

この記事へのトラックバック一覧です: 気仙沼市の復旧の現状:

« 居酒屋の話題 | トップページ | 東京灯標なんですが ちょっと思い出が有ります »