« 沖縄泊いゆまち | トップページ | 関門海峡 »

2011年7月30日 (土)

馬関海峡(壇ノ浦)

馬関海峡と言えば、幕末に長州藩が攘夷のため四カ国連合体と戦った下関戦争の発端となった場所ですね。
今も、海峡に向けて大砲が並んでいます。
Sp7290006

戦争の発端は、長州が外国船に発砲したことから、その報復として米、仏、蘭、英の四カ国が報復として砲台への攻撃、上陸しての戦闘が発生しました。
大砲は、今も海峡を通過する各国の艦船に向けて砲口を向けています。

Sp7290005
また、この海峡の東側は壇ノ浦と言われて、平家が滅亡し、鎌倉政権の成立が確定した戦いのあった海ですね。
香川の屋島の戦いで敗れた平家の水軍は、安徳天皇と三種の神器と一緒に彦島に拠点を移していました。彦島と言えば下関漁港(南風泊)のフク(フグ)とアンコウが有名ですね。
フグが一般的に食べることができるようになったのも、下関にある春帆楼と伊藤博文のおかげです。

Sp7290072
壇ノ浦を望む北九州港田浦地区のコンテナターミナルです。

P7290050
この下には国道トンネルが通っています。

Sp7290073
源義経と平知盛の像がありまして、なぜかタッキーと中越典子、松坂慶子、小泉孝太郎の手形が、像の手前に。(大河ドラマの影響は大きいですね)
写真はタッキーの手形です。

Sp7290017

|

« 沖縄泊いゆまち | トップページ | 関門海峡 »

海洋のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/41011155

この記事へのトラックバック一覧です: 馬関海峡(壇ノ浦):

« 沖縄泊いゆまち | トップページ | 関門海峡 »