« 特急「はくたか」の車窓から 黒部川 | トップページ | 島に出張です »

2011年7月10日 (日)

宮崎海岸の現状です

宮崎海岸(一ツ瀬川から大淀川まで)も海岸侵食が進んでいます。
住吉海岸も砂の中に造ったはずの護岸が露出しています。
Sdsc_0003

この日は濃霧だったので少し見えにくいですが、このブロックの段差はウミガメの産卵深さを考慮した構造だったのです。
残念ながら、今はまったく砂が有りません。
Sdsc_0014 浜崖の前に養浜して砂浜の断面を確保しています。
Sdsc_0022 ここは、アカウミガメが産卵したのですが、波などの影響が有る場所に生んだ卵を移設した所です。
Sdsc_0032 この日もアカウミガメの上陸跡が見られました。

|

« 特急「はくたか」の車窓から 黒部川 | トップページ | 島に出張です »

海岸のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/40815898

この記事へのトラックバック一覧です: 宮崎海岸の現状です:

« 特急「はくたか」の車窓から 黒部川 | トップページ | 島に出張です »