« 博多湾での潮干狩り情報(6月初旬) | トップページ | 会社が引っ越しまして  »

2011年6月 1日 (水)

気仙沼市の藤  津波に浸水した藤棚も満開です

宮城県気仙沼市の御崎港。
津波で完全に水中に水没した藤棚ですが満開です。
Ssany3274 津波は、この東屋をはるかに越える高さで来襲しましたが、最大波が来たときには屋根の部分まですでに水没していたようです。

唐桑半島の御崎港では、津波の最大波が来る前に施設のほとんどが水没していたとこと。
そのため、戻り流れで壊れた施設のほかは、あまり被災していません。
藤棚の藤もこのように5月末には満開となっていました。

Ssany3270
桜も折れながら開花していましたが、水没した藤も このように満開です。

Ssany3271
しばし、被災地にいることを忘れさせてくれる風景です。

|

« 博多湾での潮干狩り情報(6月初旬) | トップページ | 会社が引っ越しまして  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

なるほど、すでに水没していたら、それ以上は破壊されなかったということ。初めて理解できました。
緊張の続くお仕事、お疲れ様です。せめて藤の花で癒されてくださいね。

投稿: Repu | 2011年6月 2日 (木) 21時42分

Repuさん

地震と津波の複合災害なので、正直なところ、何が構造物の破壊に最も寄与したのか解らないのが悩みの一つです。
この歳なので、ちょっと疲れています。
今週末は、海に行きたいと思ってます。

投稿: Nekton | 2011年6月 3日 (金) 23時34分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/40226422

この記事へのトラックバック一覧です: 気仙沼市の藤  津波に浸水した藤棚も満開です:

« 博多湾での潮干狩り情報(6月初旬) | トップページ | 会社が引っ越しまして  »