« 気仙沼市の藤  津波に浸水した藤棚も満開です | トップページ | ウミガメの母浜回帰説 »

2011年6月 3日 (金)

会社が引っ越しまして 

私が東北支社に応援に行っている間に九州支社が引っ越しまして。

私の勤務先である九州支社は、私が前回(昭和の終わりから平成の初め頃)九州支社にいたときに閑静な住宅街で室見川のほとりに引っ越したんです。(もう20年近く前になりますが)

Sany0596

室見川のほとりにあったので、川の水位で汐の干満が解るし、冬はカモメがいっぱいだし、カヤックの漕ぎ出しに、会社の駐車場を借りて川に入ることもできました。

今回、博多駅前に引っ越したので、雰囲気がまったく変わりました。

Sany3547

真ん中に見えるビルが新しい職場です。

大博通りに面しているのでにぎやかです。正面が博多駅ビルです。

Sany3548

あまりの環境の変化で面食らっています。

|

« 気仙沼市の藤  津波に浸水した藤棚も満開です | トップページ | ウミガメの母浜回帰説 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

便利な場所に引越しされたのですね。
博多駅から徒歩数分では?footfoot
先日友人がリニューアルされた博多に行ってきたと聞きました。
残念ながら私は未だ新しくなった博多駅に降り立っていません。

因みに博多を訪れた際は「博多通りもん」昔ながらの「ひ・よ・こ」「辛子めんたい」は必ず買って帰ります。scissors

投稿: Limei | 2011年6月 5日 (日) 18時25分

博多の定番御土産ですね。
「通りもん」は、以前の勤務時期には無かったと思います。
その頃は、「筑紫もち」、「博多の女(ひと)」とかですかね。
御使い物には佐賀の大原松露饅頭を良く使ってました。
最近は、如水庵の「フルーツ大福」でイチゴ、フルーツトマト、巨峰のシリーズが季節ごとに出ています。

投稿: Nekton | 2011年6月 5日 (日) 22時32分

度々、すみません。
如水庵の名前を思い付かずサイトでも探しましたが見つかりませんでした。
そうですね、こちらのお店のお菓は絶品線です。地下鉄の中の広告で知って以来機会があれば買い求めていました。
(ただ、少々お値段が高うございます。
お邪魔いたしました。

博多の話題ですが、来週17日に福岡に行く予定です。
如水庵のものを買い求めたいと思います。
甘いものもお好きですか?

投稿: Limei | 2011年6月 5日 (日) 22時57分

はい。
御酒も飲みますが、甘いものも好きです。good
私の父親の実家が甘納豆を作る工場だったので、甘納豆(他に、金平糖、栗鹿の子など扱っていました)に関しては良いものをいただいてました。
蜜で煮た豆を白糖にまぶしていく過程は、かなり難しいようです。
いとこが仕事を継いでいましたが、和菓子の消費が少なくなり廃業してしまいました。shock

如水庵のフルーツ饅頭は、季節を知るお菓子なので、一シーズンにひとついただけば良いのではと思っています。(店頭では、ばら売りが在りますよ)

投稿: Nekton | 2011年6月 6日 (月) 00時10分

こちらは毎日雨rain(梅雨ですから当たり前ですが)。気温が然程上がらないのが救いです。
和菓子の話に戻利ますが、歳を取ると(私です)洋菓子より和菓子、クリームより餡子系に成っていくのが分かります。
嗜好が変化するんですよね。家業を継いでいくのはなかなかだと思います。全てに共通しますが、物作り、職人の育成はどの世界も厳しいと思います。それでも、日本の職人の技は素晴らしいといつも感じています。
で、家業を継がれなかったのは何故??

投稿: Limei | 2011年6月 7日 (火) 12時31分

私の親は6人兄弟で長男が家業を継いでいました。
私も、中学生のときに父の実家でアルバイトをして小遣いをいただいていたことが在ります。

和菓子の世界も、良いものを作り、それなりの値段で買っていただくのは本当に大変だと感じています。

九州も、色々なお菓子が在りますね。
鹿児島のお菓子では、餡の入っていないシンプルなかるかんが好きです。
でも、御土産はほとんど野菜天を買ってきますけどね。

投稿: Nekton | 2011年6月 7日 (火) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/40256320

この記事へのトラックバック一覧です: 会社が引っ越しまして :

« 気仙沼市の藤  津波に浸水した藤棚も満開です | トップページ | ウミガメの母浜回帰説 »