« 省エネ策としての夏時間導入 | トップページ | 気仙沼港の様子(その4) »

2011年4月19日 (火)

再び東北へ

18日に仙台入りし、19日から気仙沼港に入ります。
最近の岩手、宮城の両県は、災害復旧や震災ボランティアの皆さんが多く来ていることで、宿泊施設の確保が非常に困難です。
18日は、仙台市内青葉区といいながら、山形県に程近い作並温泉に宿泊しました。
こけしが出迎えてます。泊まった宿の宿泊プランは震災復興支援プランとあるのですが、素泊まりで1万円という値段はいかがなものでしょうか。
ちょっと残念な商売をしていると思います。
Sany2969
この後も、宿の予約には苦労します。

この日は雨が降っており、仙台市内は雨だけだったのですが、気仙沼から宿とした平泉町に帰る夕刻にはみぞれ交じりとなっていました。

この写真は、翌日朝の平泉周辺の山ですが、山頂が白くなってます。

福岡との気温差に驚きです。平泉にも大文字焼きがあるんですね。

Sany2972

|

« 省エネ策としての夏時間導入 | トップページ | 気仙沼港の様子(その4) »

シビルエンジニアリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/39766486

この記事へのトラックバック一覧です: 再び東北へ:

« 省エネ策としての夏時間導入 | トップページ | 気仙沼港の様子(その4) »