« 年度末終了~ | トップページ | 羽田から福岡への機上 »

2011年4月 1日 (金)

社内災害対策会議

4月1日年度明けに東京本社で、東北地方の港湾漁港災害復旧にどのような貢献ができるかの社内会議です。

Simgp5994
正直、年度末対応でみんな体力ぎりぎりなのですが、積極的な議論がありました。
課題のひとつとして、災害復旧の考え方をどのように管理者と調整するかという問題です。
基本的に、災害復旧というのは「その施設が持っていた機能を復旧する」という考え方です。
今回は、未曾有の津波災害ということで、はたして今までの機能を回復することっで、国民の安全、生活を回復できるのかということが問題となると思われます。

  • この千年に一度かもしれない地震津波災害から国民を護れるハード的な対応が可能か。
  • 漁港の復旧ということからして、漁業者のほとんどが船舶を失われた状態で漁港の復旧の効果がどのように地域の復興に効果があるのか。
  • 機能を改良して(機能を高質化して)どのように、地域の復興に貢献できるのか。
  • 海岸においては、国民の安全をいかに護り、安全とリスクの同居をいかに国民に理解していただけるか。

これからスタートなのですが、非常に大きな課題を突きつけられている状態です。
来週月曜日に仙台に入り、火曜日に気仙沼に行きますが、現地の行政の方々もどうすることが最善なのかまだわからない状況だと思います。

|

« 年度末終了~ | トップページ | 羽田から福岡への機上 »

シビルエンジニアリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/39462590

この記事へのトラックバック一覧です: 社内災害対策会議:

« 年度末終了~ | トップページ | 羽田から福岡への機上 »