« 気仙沼港の様子(その6) | トップページ | 日本三景松島へ行こう  がんばれ東北! »

2011年4月27日 (水)

動いている東日本 最大で1.2mの沈下

海溝型津波の発生原理は、テレビのニュース解説等でわかりやすくアニメーションを使って説明されてましたね。
沈み込むプレートの上に乗っかっている日本列島ですが、プレートの断層が動いたことで、かなり広い範囲で移動しました。
国土地理院がGPS観測により全国の電子基準点の動きを整理しています。
M9.0の地震発生前後で、宮城県牡鹿観測点が、東南東方向に約5.3m、上下方向に約1.2m沈下しています。(詳しくは 国土地理院のページ>基準点・測地観測データ>日本列島の地殻変動 を見てください)

そのため、断層に近い東北地方沿岸部は地盤沈下により高潮時の浸水被害が発生しています。
Sany3135
今日はあまり潮が高くならない日なのですが、この陸閘(高潮時に浸水防止のために閉じる陸に在る水門です)はもう少しで浸水しそうになっています。






|

« 気仙沼港の様子(その6) | トップページ | 日本三景松島へ行こう  がんばれ東北! »

シビルエンジニアリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/39794986

この記事へのトラックバック一覧です: 動いている東日本 最大で1.2mの沈下:

« 気仙沼港の様子(その6) | トップページ | 日本三景松島へ行こう  がんばれ東北! »