« 仙台の街路樹 けやき | トップページ | 動いている東日本 最大で1.2mの沈下 »

2011年4月26日 (火)

気仙沼港の様子(その6)

気仙沼港に行くとき、市内の南北方向に、国道、県道が通っています。
県道を南側から入っていくと、いまだこんな状態です。これは県道のすぐ横の景色です。

Ssany3095_2

今日も、全国から応援に来た警察、自衛隊が協力して行方不明者を捜索していました。
午後、私たちが岸壁の調査をしている横で、海上保安部が海上で収容してきた遺体を警察に引き渡していました。まだ多くの人が見つかっていません。

ところで、先日折れた桜のつぼみを掲載しましたが、今日はこうなっていました。
今日は仙台から北上して気仙沼に来ましたが、満開の桜前線はようやく一関、気仙沼に来ているようです。

Ssany3096
市内を流れる川には、きれいな桜と瓦礫がアンバランスです。

Ssany3103

|

« 仙台の街路樹 けやき | トップページ | 動いている東日本 最大で1.2mの沈下 »

シビルエンジニアリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/39767699

この記事へのトラックバック一覧です: 気仙沼港の様子(その6):

« 仙台の街路樹 けやき | トップページ | 動いている東日本 最大で1.2mの沈下 »