« 再び東北へ | トップページ | 気仙沼港の様子(その5) »

2011年4月20日 (水)

気仙沼港の様子(その4)

1週間福岡に戻っていましたが、その間に瓦礫の撤去が進められていました。
先々週から港に仮置き場が設けられているのですが、市内の瓦礫があまりにも多く、道路の瓦礫を撤去しただけで、港内は山盛り状態です。
こちらは、まだ桜が咲きはじめなのですが、津波で折れた桜のつぼみが膨らみちらほら咲いています。すでに幹は途中で折れて根とはつながっていない状態です。

Sany3043
この枝の様子は後日撮影したいと思います。
瓦礫と一緒に、カヤックも流れ着いてます。フジタのA-1だと思います。

Sany3034
ハルに穴が開いてました。

Sany3023
航路の啓開作業が進められています。この現場では、航路に沈んだ魚網を撤去していました。
この後、港内の漁船も撤去が進んでいるようです。

|

« 再び東北へ | トップページ | 気仙沼港の様子(その5) »

シビルエンジニアリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/39766750

この記事へのトラックバック一覧です: 気仙沼港の様子(その4):

« 再び東北へ | トップページ | 気仙沼港の様子(その5) »