« ヤナにとまるカモメ | トップページ | 別府の風景 鉄輪温泉の湯気と墓地 »

2011年3月 4日 (金)

姫島へ 黒曜石の塊をはじめてみました。

出張なのですが大分県の姫島へ(村のHPから地図を借ります)
Map2
姫島は、国東半島の北側に、伊美港からフェリーで渡ります。
姫島の歴史については、姫島村のホームページを。
初めて渡ったのですが、興味のあることが二つありました。

ひとつは、自然の黒曜石の鉱脈が露頭していること。
姫島港前の公園に大きな黒曜石の原石が置いてありました。
Sany2497 この岩の中に黒曜石の結晶が混入しています。直径2m近くあります。

もうひとつは、アサギマダラの渡りの中継地だということ。
今は季節ではありませんが、春に北上し、秋には南下する際の中継地点になるとか。
そういえば、かって羽にマーキングして渡りのルートを解析しているとテレビで見た覚えが。

1島1村となっているので、大きな島でした。

そういえば、現実ではありませんが、浅見光彦の「姫島殺人事件」で死体があがったのも、この島の海岸でした。浅見光彦のミステリーは地元の開発利権に絡んだ事件が多いので、土木屋さんとしては耳が痛いシーンもあります。

|

« ヤナにとまるカモメ | トップページ | 別府の風景 鉄輪温泉の湯気と墓地 »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/39114932

この記事へのトラックバック一覧です: 姫島へ 黒曜石の塊をはじめてみました。:

« ヤナにとまるカモメ | トップページ | 別府の風景 鉄輪温泉の湯気と墓地 »