« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »

2011年3月

2011年3月31日 (木)

年度末終了~

なぜか、年間で一番忙しい3月です。
本日、何とかお客さんに報告書を収めて(本当?)年度終了です。
今年は本当に大変でした。
今週は、
月曜日に甑島
火曜日は社内で報告書作成
水曜日は宮崎県の串間市へ
木曜日は午前中佐賀県伊万里に、午後は高速道路を突っ走り大分へ
夕方、福岡に戻ってきました。
これで今年度終了です。

が、明日は東京本社で、東北関東震災の対策会議がスタート、来週は仙台に移動です。
今回は、体力がもつのか自信がありません。

今日の九州は晴天、由布岳がきれいでした。

Ssany2635

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月23日 (水)

大分県佐伯市です

大きな災害中に恐縮ですが、仕事で大分県に出張です。
大分県には、独特の調味料があります。
九州でも、ゆずコショウ、カボス、その他かんきつ類を使用したものがあります。
これは、テレビでもすでに紹介されていますが、魚類のうまみを利用した、調味料です。
大分県の佐伯市では、魚のすり身(基本はエソです)とゴマを利用して「ゴマだし」というものがあります。
お湯に溶いただけでだし汁になりますから応用は無限大ですね、みなさんご勝手にという感じです。
これは、今回買ってきました、タイのすり身を使ったものです。
本当はエソが人気なのですが、今日はありませんでした。でも、タイが原料なので油があると思っての購入です。

Ssany2633
タイの身をすり鉢ですっているのでおいしいのは間違いなし。
あわせて身の油が乗ったタイの一夜干しを買ってきました、これを軽くあぶってご飯に混ぜるとおいしいタイめしになりますよ。

Ssany2632

この二品で1200円程度です。
九州はなかなかよかとこばい。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月21日 (月)

東北地方太平洋沖地震の振動特性

今回の地震は、岩手県から茨城県にかけての400kmにわたる断層が震源となっています。
地震研究の中心である東北大学など関東東北の大学のサーバートラブルで情報が少なくなる中、東京大学地震研究所のHPに地震・津波の基礎から今回のデータが集約されています。大学のHPは敷居が高いと思いますので、一部データをお借りして解説を。

Waveformvel
この波形は、速度波形になります。築館の波形を見ると、長い振動が2回のグループで伝わり、それぞれにピークがあることがわかります。
下方の1995年の兵庫県南部地震と比較すると、今回の地震波形の振幅は小さいが、長時間の波形のようですね。250秒以上振動しています。

今回の速度応答スペクトルを見ると、以下のようになります。
Velresspec この図の見方なのですが、縦軸(Velocity Response Spectrum)をエネルギーの大きさとします。
横軸は英語で周期(Period)と書いてありますが。地震の波形の一つ一つの波の山から山、谷から谷の間の時間です。
周波数fは周期の逆数で、f(Hz)=1/T(sec)ですね。周波数は1秒間で何回振動するかの数字です。
この図の意味合いですが、黄色い着色の部分周期1秒から2秒程度の地震波が、木造家屋を壊す影響が強い(木造家屋と共振する)周期です。
土木の土構造物では周期0.5秒から2秒程度の範囲が被害が大きくなります。

建物とかは一回の大きな地震動で壊れるというよりも、建物等がゆれやすい周期(周波数)の成分が大きく続くことが被災の要因となります。

このグラフは両対数なので見にくいですが、兵庫県南部地震の場合は、1秒から2秒程度のエネルギーが強いのに比べ、
今回の地震は0.2秒から0.4秒の波のエネルギーが大きくなっています。周期の短い波が長く継続したということですね。
今回M9.0という巨大地震ではありましたが、振動による被災より、津波による被災が大きかったことが地震波の特性から見られると思われます。

ひとつ注意ですが、これはデータの比較の問題だけでありますので、決して内陸部の被害が小さかったということではありませんので、間違いの無いようにしてください。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月18日 (金)

アマチュア無線ネタですが

金曜日の夜
ある飲み会がありました、会社関係なのですが、Sany2454
驚くことに、そこにアマチュア無線課が4名、総員9名の飲み会でです。

全員土木技術者なのですが。
北海道、関東、大阪、九州のメンバーです。

今回の震災もそうですが、通信、コミュニケーションに対する意識の高さが、災害対応にも活きてくるのではないでしょうか。
今、九州にいる私には貢献できませんが、ちょっとレトロになったアマチュア無線の活かし方はあるのではと思います。

受信機も、パソコン連動でコントロールできるものがあります。
写真の機器もマルチバンド受信機ですが、かなり高機能です。
値段もお手ごろなのですが。


 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月16日 (水)

日帰り出張で沖縄へ

最近、出張ネタが多くなりますが。
今回も、沖縄へ日帰り出張です。
なんと、今回で3回連続。
朝、福岡は4度C、沖縄は10数度。

空港について支社に行く間に那覇港で巡視船「もとぶ」を撮影。

Ssany2628
今回設計対象地の中城港に移動です。
Ssany2629
このまま、夕方宮崎へ移動です。
沖縄のお酒が飲みたーい。
で、空港でオリオンビールを一本飲みました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月15日 (火)

フェリー ニューこしき

九州本土と甑島を結ぶ交通は、フェリーニューこしきと高速船シーホークの二隻。
島に空港が無いので、船だけが物流、人流の生命線です。

Sany2597
写真をクリックすると動画に。

Sany2254
1日2往復の就航ですが、福岡より出張する場合も、滞在時間がなかなか取れません。
11日の津波の影響で、注意報が出ている間は、接岸できなかったようです。
私は、10日の朝の便で、甑島から串木野に戻っていましたので、洋上での孤立とはなりませんでした。
九州でも、1m以上の海面変動が、潮位計に記録されました。
津波は本当に影響の大きな災害です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2011年3月14日 (月)

津波の伝播は全国に

2011年3月11日の津波が全国に伝わっていった様子が、気象庁のHPにある潮位観測データから見て取れます。
震源地直近では、計測器のオーバースケールによる故障が発生し、現在(13日)でも計測が復旧していません。
北海道から南に向けて主だった観測所の記録を見て見ましょう。

ところにより、スケールは異なりますが、全国に伝播していることがわかります

1)北海道浦河

Lvl_1_20110311 2)青森県下北Lvl_1_20110311_2 3)青森県八戸Lvl_1_20110311_3 4)岩手県宮古
Lvl_1_20110311_4
5)岩手県大船渡
20110311
6)宮城県鮎川
Lvl_1_20110311_7

7)福島県相馬
Lvl_1_20110311_6 8)福島県小名浜
Lvl_1_20110311_89)千葉県銚子

Lvl_1_20110311_9 10)神奈川県油壺

Lvl_1_20110311_10 11)静岡県清水

Lvl_1_20110311_11 12)三重県鳥羽

Lvl_1_20110311_12 13)高知県高知

Lvl_1_20110311_13 14)大分県佐伯

Lvl_1_20110311_14 15)宮崎県宮崎

Lvl_1_20110311_15 16)福岡県博多

Lvl_1_20110311_16

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月13日 (日)

それでも九州は春になっていく

地震から二日たちましたが、
被害の全貌がいまだ見えない。
原子力発電所のメルトダウン。
町が無くなっている。

いろんなことが起こっていますが、今はなすすべがありません。
今後、復興の手伝いをしないといけないので、会社でも全社での準備が進んでいます。

Sany2625
兵庫県南部地震、福岡西方沖地震と復興の手伝いをしてきましたが、今回の災害規模はテレビの映像を見る限りでは、津波災害を受けているために、これまで見たことのないような惨状となっているようで。
気合を入れての準備が必要です。(心身ともに)

今朝、庭では梅の花の蜜を吸いに野鳥(ヒバリ?)がきていました。
東北地方は雪模様ですが、九州は春がすぐそこまで来ているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月12日 (土)

未曾有

昨日(平成23年3月11日)の「東北地方太平洋沖地震」による地震津波災害は、
私たち海洋工学の技術者が防ごうとしてきた災害防止の努力が、
自然に対して歯が立たなかった結果を示すものとなりそうです。
技術者として地震津波のリスクにどう向き合うのか、よく考えなければ。

せめて、二次災害 で落命されないように祈るばかりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月11日 (金)

西海橋と新西海橋

長崎県佐世保市にある針尾島と西彼杵半島を結ぶ橋梁 ですが、昭和30年につくられた西海橋は上路式鋼ブレースドリブ固定アーチ(通行する場所がアーチの上にあり、4本のアーチを構成している鋼材をブレース材でつないでいる、自由度の低いアーチ)橋です。
下を流れているのは、川ではなく大村湾と東シナ海をつなぐ、伊ノ浦瀬戸(針尾瀬戸)で海です。
F1000007
新たに、平行して自動車専用道路としてバイパスが作られたのが新西海橋です。
新西海橋は平成18年につくられ、鋼中路ブレードリブアーチ(構成のアーチの中ほどに通行する場所がある、鋼材をブレース材でつないでいる)橋です。
大きな違いは、道路がアーチの上にあるのか、中ほどにあるのかですが、新西海橋はアーチ主部材が鋼管 で中にコンクリートが充填してあること。
通行路が、2連のアーチ部材からぶら下がっていることですね。
新西海橋の道路部の下層に、遊歩道が設置されています。途中の展望スペースには、ガラス張りの場所もあるので、ちょっとスリルがあるかも。

F1000011
西海橋は、かって私の高校の修学旅行コースで、武雄温泉に宿泊後、長崎市へ移動するときに通った橋です。もう、30年程前のことですが。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011年3月10日 (木)

JR九州 リレーつばめ引退へ

3月12日の九州新幹線前線開業によるダイヤ改正で、鹿児島本線の在来特急「リレーつばめ」が運転終了します。
10日に鹿児島県川内より新幹線つばめで新八代へ、新八代から鳥栖までリレーつばめで移動したのが私の最後の乗車となります。
私が乗っていた列車ではないのですが、鳥栖から佐世保行きの「みどり」に乗り換え時の鳥栖駅での撮影です。下りのリレーツバメでした。

Sany2610
写真をクリックしてください。動画になります。

鳥栖駅からはホームの横にサガン鳥栖のホームグラウンド、鳥栖スタジアムが見えます。写真奥がスタンドです。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 9日 (水)

甑島 里港からの朝日

甑島に仕事できました。
打合せと現地調査です。
昨晩は、夜10時から地盤の常時微動観測を行いました。(常時微動観測については、後日書きます)
宿で夕食を晩酌なしですませて現場に、微動観測の天敵である自動車の通行は、なんと2時間で2台。なんて、静かな町なんだ。
冬の寒空の中で、観測を終了。
宿に帰りましたが、風呂には入れずそのまま就寝です。
翌朝、6時に起床して、宿自慢の天然温泉に、塩分が多いのであったまるし、肌もすべすべに。部屋に帰ると朝日が昇っていました。

Sany2576
うっすらと水平線に見えるのは、薩摩半島です。
手前は里港の防波堤 、地元の子供たちにより絵が描いてあります。

朝食はビュッフェ形式なのですが、キビナゴの網焼きが出てきました。腹ごしらえがすんだところで、仕事タイム。

今日は、下甑にフェリーで渡り、また深夜に微動観測です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 6日 (日)

技術士の合格発表がありました

一昨日3月4日は技術士の合格発表の日でした。
今回は、コメントだけです。
私ズーッと合格できなかった経験者ですので、合格の明暗についてはあまり言えません。
特に筆記試験に合格し、今回口頭試問で不合格になった方々においては、試験制度の変更とはいえ、1年の長い時間を使っての受験なのでご苦労としか言えません。
年間に一度のチャンスしかない試験です、気を落とさずに、モチベーションを維持してください。
ご苦労様です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 5日 (土)

別府の風景 鉄輪温泉の湯気と墓地

出張で大分泊まりでした。
レンタカーで福岡より移動。
朝、開通したばかりの福岡高速福重インターより津久見まで移動です。
大分道は、日本海の寒波の影響を受けて一部雪が、別府SAも雪。

Sany2467
ノーマルタイヤで何とか目的地に。津久見、姫島、豊後高田でお仕事をしまして、別府に移動して一泊です。
夜、8時を過ぎてしまいましたが、北浜のマリーナ前のビジネスホテル「エール」は温泉付きで、屋上には露天風呂が、食事は隣のロイヤルホストで済ませましたが、食事とともにビールをいただき温泉に入ってゆっくりとテレビを見ながらくつろげました。(安くて清潔な宿でした)
翌朝は、日出町で仕事をしてから、帰宅途中に鉄輪温泉の展望台に寄ってみました。

温泉街の真ん中には、お墓の横に源泉(様子はこちらの動画で)が、故人もあったかいと思います。

展望台から、鉄輪温泉の湯煙と扇山の景色が見え雰囲気が良いですね。


Sany2563
湯煙は、こんなです。

Sany2560

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011年3月 4日 (金)

姫島へ 黒曜石の塊をはじめてみました。

出張なのですが大分県の姫島へ(村のHPから地図を借ります)
Map2
姫島は、国東半島の北側に、伊美港からフェリーで渡ります。
姫島の歴史については、姫島村のホームページを。
初めて渡ったのですが、興味のあることが二つありました。

ひとつは、自然の黒曜石の鉱脈が露頭していること。
姫島港前の公園に大きな黒曜石の原石が置いてありました。
Sany2497 この岩の中に黒曜石の結晶が混入しています。直径2m近くあります。

もうひとつは、アサギマダラの渡りの中継地だということ。
今は季節ではありませんが、春に北上し、秋には南下する際の中継地点になるとか。
そういえば、かって羽にマーキングして渡りのルートを解析しているとテレビで見た覚えが。

1島1村となっているので、大きな島でした。

そういえば、現実ではありませんが、浅見光彦の「姫島殺人事件」で死体があがったのも、この島の海岸でした。浅見光彦のミステリーは地元の開発利権に絡んだ事件が多いので、土木屋さんとしては耳が痛いシーンもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年2月 | トップページ | 2011年4月 »