« 佐世保の洞窟居酒屋 | トップページ | 鍋島藩のお雛様を見てきました »

2011年2月18日 (金)

海の工事に使う船(その2) クレーン船

今回は、荷物の積み下ろしをする働きの船です。
起重機船(クレーン船)、クレーン付き台船(鋼製の箱型船の上に陸上のクレーンを乗せたもの)などですが、陸上のクレーン車と同じように、荷物を吊り上げて運ぶ機能を持っています。
陸上でも、タイヤの付いているものキャタピラー(クローラー)の付いているものなど移動する機構が違ったりしますが、船も自分でプロペラ(スクリュー)が付いて移動できるもの、引船に引っ張ってもらうものがあります。
Sany2400

この船は旋回式起重機船で、港の人工海岸に消波ブロックを据え付けているところです。

Sany2402

これはテトラポッド(商品名です)で、ワイヤーをかけて、吊り降ろしているところです。
水中で潜水士が置き場所を指示し、ワイヤーをはずします。

|

« 佐世保の洞窟居酒屋 | トップページ | 鍋島藩のお雛様を見てきました »

港のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/38929966

この記事へのトラックバック一覧です: 海の工事に使う船(その2) クレーン船:

« 佐世保の洞窟居酒屋 | トップページ | 鍋島藩のお雛様を見てきました »