« 屋上の緑化-アクロス福岡 | トップページ | ダムはいらない 新・日本の川を旅する »

2010年7月25日 (日)

てんぷら油の燃料船が就航 博多湾と那珂川

福岡市のNPO法人タウン・コンパスが、中央区天神の那珂川から能古島への航路を開設。
燃料は、てんぷら油です。
実験的な就航とのことで、休日のみの運行のみですが、旅客が12名の船です。
土曜日(7月24日)に天神の船着場に行きましたが、残念ながら直接見ることができませんした。
写真はタウン・コンパスのページよりお借りしました。
Hana1
展望窓が大きく、視界がよさそうです。
詳しくは、タウン・コンパスのホームページでご覧ください。

廃油の提供を受け付けているとのこと、うまく循環が出来るといいですね。
近くには、中洲、天神の歓楽街がありますから、廃油の循環システムが継続的な運行が可能となるかの鍵ですね。

|

« 屋上の緑化-アクロス福岡 | トップページ | ダムはいらない 新・日本の川を旅する »

環境のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/35891670

この記事へのトラックバック一覧です: てんぷら油の燃料船が就航 博多湾と那珂川:

« 屋上の緑化-アクロス福岡 | トップページ | ダムはいらない 新・日本の川を旅する »