« 安全教育の話題 「津波」 | トップページ | 庭の梅 »

2010年6月 5日 (土)

川の流れ と 砂浜

海岸の砂はどこから来たのか。
川から流れ出た土砂、海岸の崖の風化による土砂とかが堆積してできています。
最も多いのが川からの土砂供給ですが、大雨が降ると、水流が 強くなり河床の土砂を削りながら河口から海に流れ出します。

Sany1563
これは、5月26日に福岡→羽田の飛行機から取った写真ですが、大井川(静岡県)の河口から土砂混じりの水が海に流れている様子が解りますね。

河口から流れ出る水は海に出ることで流速が小さくなるので、重量の大きい(粒径の大きい)土から早く沈降します。
河口付近では砂利や砂が堆積し、濁りの元である粘土やシルトが遠くまで流れていきます。
写真でも、濁りが遠くまで広がってる様子が解ります。

この付近の海域は、太平洋からの波の影響で写真の左側から右側に流れが発生するので濁りは右側に広がっています。
大井川から流出した土砂が河口から右側の砂浜を作っていきます。

|

« 安全教育の話題 「津波」 | トップページ | 庭の梅 »

海岸のこと」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/35070563

この記事へのトラックバック一覧です: 川の流れ と 砂浜:

« 安全教育の話題 「津波」 | トップページ | 庭の梅 »