« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »

2010年6月

2010年6月27日 (日)

川を護ること 自然と人の生活を護ること

昨日は、rainだったので、天野礼子さんの「よみがえれ いのちの川よ」を読みました。
土木技術者として、職業としての求められる使命と、人として護るべきものは同じなのですが、カワガキ(カワオヤジ?)として、ちょっと考えてみました。

よみがえれ いのちの川よ (旬報社ブックス・環境問題の未来)

著者:天野 礼子,山岡 寛人

 
よみがえれ いのちの川よ (旬報社ブックス・環境問題の未来)

つり好きの天野さんが、つりを始めたきっかけ、文筆活動を始めたきっかけ、川の再生計画と向き合ってきた活動をまとめたものですが、川と釣りを愛する人から見た素直な視線で書かれていると思います。(えらそ)
人の生活(安全と財産)を護るために特化してきた、明治以降の治水施策に対する評価については、共感できる部分が有ります。
川それぞれの、特性を活かした治水が、江戸時代の幕藩体制(連邦国状態ですかね)では有効だったものが、中央集権国家になり画一化した技術により不幸な方向に進んでしまったのは、ある意味あたっていると思います。(オールジャパン基準の弊害です)
お上に楯突きながら、公共事業をすることは、今の社会の仕組みでは非常に難しいことです。
今の河川法では、住民のみなさんに住んでいる場所の安全度を知らせ(氾濫解析結果の公開)、合意形成を図った治水を行うようになりました、が。
すでに、住んでいる方の安全を低下させることが出来ないし、生態系を護るために人の生活を軽視できるかということも、行政的には不可能かも。
ならば少しでも、知恵を出して、対策を考える。地方分権により、川の特性を活かした対策を認める。ことが必要では。

先日、「川辺ダム」反対運動の話が毎日新聞のコラムに出ていました、かっての建設反対活動家たちのことに触れられており、『反対集会で反対意見を表明をした「建設コンサルタント」の人がそのまま連絡が取れなくなったこと、同じようにそれらの活動により表舞台から退場せざるを得なかった多くの人々の努力が有ったことを忘れてはいけない』と結んでありましたが、歴史を振り返るとそのとおりだと思いました。地域の声が大事です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月25日 (金)

オタフクソースの新手発見

九州では見たことが無かったのですが、
広島出張の際に見つけました。
塩焼きそばのソースと、焼きうどんのソースです。
まだ食べていませんが、オタフクならばの期待が持てる一品です、
特に塩焼きそばに期待しています。

Sany1625

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月24日 (木)

粘土の海底に防波堤 を造る

しばらくお休みでした。

タイトルの粘土の海底に防波堤を造るとは、九州特有の干潟が発達した海での港造りの技術なんです。
有明海、八代海は干潟が発達しています。ここで、港を造る場合、厚く堆積した干潟の粘性土上に港を造ることになります。
有明海の奥部では潮位差が6mにもなるので、構造も考える必要が有ります。
防波堤は、船が接岸する岸壁の安全を守るための施設です。
熊本港では、粘土の上に防波堤を造るために杭の上に防波堤を乗せる構造が採用されています。
以下の写真は、陸に置かれた構造体ですが、現地に打たれた杭の上にこれが載ることになります。丸い穴は、波がコンクリートの箱に入り、干渉して波のエネルギーを小さくする働きを期待したものです。

Sany1646
自動車と比較してもかなり大きいです。
これが、水中に設置された杭の上に乗っかって波を防ぐことになります。
Sany1643
正直なところ、ここまでしてこの場所に港が必要だったのかという検証は無いのですが、技術的には非常に優れた施設なのですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月15日 (火)

JR九州の車内の造りへのこだわり

九州新幹線も来年の全線開通を前に、レールはすべてつながったようです。
今は、各駅の工事が急ピッチで進められています。

今は、博多~新八代までは在来特急のリレーつばめ号で、新八代乗換えですが、
全線開通すると、鹿児島と福岡がすんごく近くなります。
JR九州は、民営化初期からユニークな車両を造って来ました。
特急ハイパーサルーン、ソニック、白いカモメ、緑のたぬき(違った赤いみどり)など外観もユニークでしたが、車内に木材を多用しています。
私たちが、子供の頃は普通だった、木の床(北陸線の普通列車:鈍行列車では当たり前)も使われているし、座席も木製です。
新幹線つばめ号も、木の床、木製の座席、なんと金箔張りの壁まで、地元の特産を多用しています。
関係有りませんが、車内放送のチャイム音楽は「カシオペア」の向谷実作曲です。(好き嫌いがあるかもしれませんが)
今は、新八代から鹿児島中央駅までは満席になったのを見たことはありませんが、全線開通の勢いで増えるかもしれませんね。(鹿児島が近くなり、日帰り出張の割合が増えます)
Sany1615
壁が金箔の仏壇調です。
このときは、博多を午前7時頃発のつばめ1号でしたが、この車両には3人しか乗ってませんでした。
Sany1616

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月13日 (日)

トマト大福

昨日日曜日は、梅雨入りしたものの朝方ぱらついただけ、
日中は、晴れ間も見える天気でした。
土曜日から、前線の影響で少し風が強く、遠賀川で子供2人がゴムボートで釣りをしようとし転覆して亡くなっていました。救命胴衣(PDF)等の安全対策はできてなかったんでしょうね。
山口県の油谷湾でもカヤックをしていた人が流されて漁船に救助されていたようです。
これから、水の事故が増える時期になってきました。

ところで、トマト大福なるものを食してみました。大きさは直径が約3cm程度。
Sany1620
中身は、私が切るときっとおいしく見えないので、お店のHPから写真をもらいます。Tomato_140 各地で同じようなものが作られているようですが、私は大福とフルーツトマトを別々にいただいた方がおいしいような気がしました。


| | コメント (0) | トラックバック (0)

昨日九州地方は梅雨入りでした

九州地方は昨日梅雨入りの模様という気象台からの発表が、
今日もどんよりとした空での朝となっています。
雨は、九州の太平洋側と真ん中辺で降っている模様。
この様子だと、今日も雨は降らないかもしれないです。
20100613062000
昨日は、天気が良かったので、
いつもの高血圧治療の通院をおえ、
先週買ってきた梅を、梅酒と梅サワーに漬け込みました。
Sany1619
結局、庭の梅も摘んで漬け込んでしまいました。
マンションの皆さん、4つほどいただきました。

今日は、うわさの「トマト大福」を買いに行きますので、明日の記事はその感想を。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月12日 (土)

ブロックで出来た川岸てどう思います?

今の日本の川や海の水辺は、コンクリートのブロックでできた壁のようです、
実際には、コンクリート製なのに環境護岸という機能が付加され、魚が巣を作れるとかカニがすめるとか蛍の幼虫が育つとか言うブロックが造られています。

かっては、間知石(けんちいし)という約35cmの奥行きのある、四角錐形状に切り出された自然石を積み上げた護岸が多かったのですが、止水性、工事のしやすさ、規格の統一性?のためコンクリートブロックが多用されるように。

そのため、自然石の時には多少あった石の間の隙間が、正確な型枠を用いて作成されたコンクリートブロックを使うことで、隙間の無い(生物が全く営巣できない)護岸ができてしまいました。

石の護岸は、傾斜角度によるのですが、石の重量により、波の力や、水の流れの力に抵抗する構造となっているので、石ひとつの重量が充分あればピッチリときれいに積み上げる必要は有りません。(かみ合わせにより、より安定性が増す効果がありますが)

000026
写真は、アメリカのプリマス(清教徒が初めて入植したところ)の海岸なのですが、日本の石積と比べるとかなり乱雑です。
合理性なのか、国民性なのか解りませんが、これくらいの空隙があれば、多少護岸構築の影響は低減できそうです。
でも日本の工事で、この仕上げは許されないかも。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年6月11日 (金)

鹿児島中央駅 「鹿児島西駅」

鹿児島中央駅は、現在の九州新幹線終点駅ですが、かっては「鹿児島西駅」でした。
昔、ブルートレインで行ったときを思い出しますが、周辺はそんなににぎやかな駅前では無かったです。
今、新幹線が鹿児島市の西陵をトンネルで貫き、かっての鹿児島西駅にほぼ直角にホームができました。
新幹線ホームは、錦江湾に向かって止まっているので、新幹線ホームの終点が桜島に向かっている状態となっています。
ちょっと、架線が邪魔ですが、ホーム端に行くと桜島が良く見えます。
Sany1617
九州新幹線ですが、車両は木をふんだんに使っていて、仏壇風の金箔の壁もあります。

Sany1615

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月10日 (木)

浜昼顔 生の松原海岸

近所の生の松原には、「浜昼顔」が咲いています。(「奥さんのためなら~notes」ではありません)
海岸の植生は、地味な草花が多いですが、浜昼顔は結構な範囲に生えていました。

Sany1599
ちゃんと、保護のための看板が立ってましたが、誰の活動だか不明でした。

Sany1598

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 9日 (水)

日本お初のふりかけ

日本でふりかけの元祖といえば、熊本県フタバの「御飯の友」だそうです。(全国ふりかけ協会公認だとか)

先日、熊本県の方からいただいたのですが、子供の頃「遠足の友」と呼ばれていたふりかけに似ています。(というかこっちが元祖か)
カルシュームfishがたっぷりということで、おいしくいただいています。

Sany1587

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 8日 (火)

スタンドアップパドルボード 生の松原海岸

生の松原海岸で、スタンドアップパドルボードの練習をしている人を見かけました。
横にサーフボードも置いてあったので、波乗りをする人たちだと思いますが、初めて実物を見ました。

Sany1602

サーフボードに乗って、シングルパドルで漕いで波に乗ったりするようですが、
この浜では、波は立ちませんね。
これも面白そうですね。
Sany1601

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 7日 (月)

ラブアース・クリーンアップ2010

6月6日(日)の午前中は、ラブアース・クリーンアップ2010に参加して、生の松原海岸の清掃に参加してきました。
福岡市では、市内の公園、河川、海岸を地域で分担して清掃します。

昨年から石川県や北海道、釜山でも同じ活動をしているようですね。

今年初めて参加したのですが、生の松原海岸では付近の2つの中学校校区の人たちが参加しており結構な人数でした。

Sany1592
日ごろ、散歩しながらゴミを拾っている人が多い海岸なので大きなゴミはあまり落ちていません。でも、松林の中や砂浜の打ち上げゴミの中に色々なものが、落ちています。
でも、タバコのフィルターが多いことに驚かされました。
打ち上げゴミの中に沢山埋もれています。


Sany1594
最後にはこんなに集まっていました。

Sany1596
彼らは、地元大学の学生で、毎年ゴミの分析をしているそうです。
暑い中皆さんご苦労様でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 6日 (日)

庭の梅

庭の梅木にピンポン球より一回り大きな実が生ってきました。
ということで、梅酒を造ります。

Sany1585
さすがに、共有の庭の梅の実を採るのはまずいので、スーパーで梅酒用に梅の実を買ってきました。

Sany1586
少し熟成させてから漬けたほうがおいしいようなので、このまま少し置いておきます。
ホワイトリカーで漬け込むことにしますが、ホームページを調べると色々凝った付け方があるようですね。
酒税法をクリヤするためには、度数20度以上のお酒で付ける必要が有るとか。
本みりんと焼酎を混ぜたものが味が良いとか。(今回はやめ)
大吟醸酒を少し入れるといいとか(これもやめ)
砂糖も果糖を使うといいとか。(これもやめ)
一番オーソドックスに、氷砂糖と焼酎(ホワイトリカー)で。
とりあえず、実を熟成させ、きれいに洗って付けることにしよう。
出来上がりは、また報告します。

でも、酒税法の規定は結構厳しいですね。
基本的には発酵する状態になると密造酒となるとか、
ブドウや穀類で漬けてはいけないとか、
漬けるお酒の度数は20度以上(発酵することを防ぐため)
造った梅酒は同居する身内でのみ飲用可能だとか。
厳しく取り締まれば誰でも簡単に逮捕されそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 5日 (土)

川の流れ と 砂浜

海岸の砂はどこから来たのか。
川から流れ出た土砂、海岸の崖の風化による土砂とかが堆積してできています。
最も多いのが川からの土砂供給ですが、大雨が降ると、水流が 強くなり河床の土砂を削りながら河口から海に流れ出します。

Sany1563
これは、5月26日に福岡→羽田の飛行機から取った写真ですが、大井川(静岡県)の河口から土砂混じりの水が海に流れている様子が解りますね。

河口から流れ出る水は海に出ることで流速が小さくなるので、重量の大きい(粒径の大きい)土から早く沈降します。
河口付近では砂利や砂が堆積し、濁りの元である粘土やシルトが遠くまで流れていきます。
写真でも、濁りが遠くまで広がってる様子が解ります。

この付近の海域は、太平洋からの波の影響で写真の左側から右側に流れが発生するので濁りは右側に広がっています。
大井川から流出した土砂が河口から右側の砂浜を作っていきます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年6月 4日 (金)

安全教育の話題 「津波」

前回安全教育について書きましたが、現実的には非常に難しいです。
特に一生のうちに1回あるかどうかという災害に対する危機意識なんて持てませんね。
津波について、国の研究機関の方がNHKで話す機会があるようなので、参考にしてください。
6月6日のNHKハイビジョン放送 「アインシュタインの眼」(18:45より)で津波の脅威について説明があります。再放送もあるようですが、スケジュールがよく解りません。
自分が経験できない災害については、このような研究報告から学ぶことも良いのでは、と思います。
津波の脅威がわかると思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

岸壁って

船が接岸する施設を、岸壁(がんぺき)とか物揚場(ものあげば)と言います。
名称の基準はありますが、簡単に区分すれば大きな船が着く施設を岸壁、小さな船がつく施設を物揚場と区分してます。
昔は、大きな船が接岸する施設が造れなかったので、沖合いで「はしけ」という小船に荷物を積み替えて陸揚げしていました。この頃は、ほとんど人力です。
今は、コンテナ貨物が主流ですが、コンテナ船が接岸する岸壁の構造はどうなっているんでしょうか。下の写真は、ケーソンと言って、鉄筋コンクリート製の箱を水中に沈めて船が接岸できる水深を確保する施設です。写真は、-13m岸壁のケーソンなので、干潮時にも13mの水深(船の吃水13m)の船が接岸できます。
ほとんどの東南アジア航路程度のコンテナ船は接岸可能です。
Sany1571おおよそ、15mの高さのコンクリート構造物 です。
中央の人の高さと比べてください。
これを陸上で作ります。
これを、大型クレーン船で吊り上げて、岸壁の場所に設置します。
岸壁って、水上に出ている部分はあまり無いんですが、こんなんが水中に沈んでます。
また、これが乗っかる基礎が更に下に有るので、水中に巨大な構造物 が有るんです。
水中に大きなビルディングが並んでる感じですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年5月 | トップページ | 2010年7月 »