« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

2010年5月30日 (日)

山林の保全と木材の利用

先日、何かを読んでいたら、世界の人為的な事業の3大不思議?として、ピラミッドの構築、万里の長城の構築と日本の人工林の植林を挙げてありました。(ほんとか?)
確かに、イギリスなど森林が切りつくされた国もある中で、今の日本の山林は荒れてはいるものの、かって木材を切り出した後、人の手で植林された山がほとんどで、世代を超えて山の管理がされてきました。
また、公害(鉱害)により禿山になった山林も復活しているのはすごいと思います。

日本の林業は、安い輸入木材の増加により経済的に成り立たなくなってきました。
輸入木材は、かっては原木が輸入され国内加工されてきましたが、今は製材された木材の輸入がほとんどです。(港の海面貯木場もどんどん少なくなり、倉庫つきの岸壁が使用されています。)
でも仕事で、宮崎と熊本を通じている国道を走っていると国産材を輸送するトラックが多く見られますので、ほそぼそと生産を続けているんでしょうね。

が、先日近所の飯盛山に登ったときに登山道で見た光景では、間伐材の間引きはされているものの、運び出さないで、小さくカットされた状態で放置されていました。
この山から流れ出た水を水道として飲用している私としては、森の環境を整えて、水源の保全が必要だと思った山歩きとなりました。

日本の土木では、木材は仮設(たとえばコンクリートの型枠や、木杭とか)での利用がほとんどで、木製の橋梁とかはほとんど見られません。
海辺の施設では、ウッドデッキ等に木材(腐りにくい輸入材なんですが)が利用されていますが、その他の構造では、定期的なメンテナンスが必要なことから使用したがりません。
木材が利用されなければ、森の木はそのまま朽ち果てるまで、放置されます。
バイオマス燃料化とか、積極的な構造材への利用とかの仕組みを考えていかんと。

000020
BOSTON港では、防舷材に未だに木材が使用されていました。これに関しては、デザインを追求した可能性もありますが、使い方を工夫すれば木材の利用も可能と思った場所として印象に残りました。
これからは、目先の経済性を追求するだけでなく、環境の観点からも広い視野での最適化を考える必要があるのかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月29日 (土)

遊びと安全教育

気候がよくなってくると、水の事故、山の事故で命をなくされる人が増えますが、
今の子供たちには安全と危険を十分に判断ができる教育ができていないですね。
私たちが子供のころは、川遊び、木登り当たり前の世界でした、
鉛筆もナイフで削ってました。
今の社会の安全は、非常に木目細やかに確保されていますが、
何が危険なのかを教育される機会が無くなってます。
川、海、山で遊ぶときの危険、
道具を使うときの危険、毒虫や蛇の危険、天候や自然現象の危険、
子供のうちに教えるべきですね。怪我の回避とかも。

先日、福岡市内にもかかわらず国道の橋梁から5m程度下の川に飛び込んでいる子供を見かけました、たくましい子がまだここにはいますね。誰かに学校に通報されたら禁止になるんだろうな。(残念)

大人の世界では、責任回避のために、二重、三重の安全対策(責任逃れ)がとられていますが、
安全教育と、最低限の安全施設と注意喚起があれば、自然と隔絶するような安全施設は作らなくてもよい場合があるんだと思います。
これは、米国のプリマスで見た防波堤の安全柵(杭とチェーンだけ)です、日本で同じものを作るとしたらどのようになるのでしょうか。(日本での典型的な転落防止柵は110cm以上の高さで、足がかりができない構造が求められています)
000021

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月24日 (月)

宮崎県の口蹄疫問題

宮崎県で発生している口蹄疫は本当に重大な問題となっています。
日本の食肉牛の生産の根幹を揺るがす状態ですね。
100年の歳月をかけて品種改良してきた種牛を処分しなければならないなんて。
先週の水曜日に熊本県から延岡に車で出張した際にも、県境及び中間地点に消毒場所が設置されていました。
ということで、今週末の高千穂峰への遠征は中止としました。
スーパー種牛へのこれ以上の感染が無く、このまま終結してくれることを祈るのみです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月21日 (金)

コンテナ船を上から見ると

今や、海上物流の主力となっているコンテナ船、

遠くから見ると、箱がたくさん積んであるのが見えますね。

これは、ガントリークレーンの上から見たコンテナ船です。

隣のガントリークレーンで、コンテナを掴もうとしているのが解ると思います。

Img_0162

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年5月17日 (月)

ペシャワール会

5月17日に土木学会西部支部総会の特別講演で、有名な

「ペシャワール会」の福元事務局長の講演を聴く機会がありました。

私は、医療支援をする団体だとイメージしていたのですが、実際には生活の根底であるインフラ整備により、地域の衛生環境向上、働く場作り等を通じて、生活を安全、豊かにすることで健康な生活をおくることが可能となるとの信念が感じられました。

会の当初の活動は、ハンセン病対策を僻地で行うとのミッションで、パキスタン北西辺境州とアフガニスタンにおいて医療中心の物だったようです。

その後干ばつにより、その土地での生活自体ができなくなり難民となることで、生活の糧、衛生的な生活が送れなくなることを見て、灌漑用水と井戸を造ろうと考えたとのことです。

病気が蔓延したから、薬を支援しても、清潔な水がなければ感染症は治りません。

安全な水→健康

豊かな水→農業の復興→安定した暮らし→衛生的な生活→病気の減少

とのことでした。

用水路を25.5kmも土木の素人集団で、

地元の方ができる工法(日本の伝統技術を利用)でメンテナンスが将来地元で可能な構造形式で、

Scan4

と目から鱗のお話でした。

なお、アフガンの人々は、まじめなイスラム教徒で、8割が農業従事者、1割が遊牧民の農業の国だそうです。

なぜ、テロの温床と言われ、攻撃されたのか?

ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月16日 (日)

今年の初漕ぎです

水が温かくなってきました。
GWのころはウエットスーツを買ってから、と思っていたんですが、
やっと温んできましたので普通の服装で、冬の間に追加した艤装のチェックと兼ねて初漕ぎをしました。
早朝の凪の時間に漕いでいたのですが、潮干狩りの中継に来たRKBラジオの方に捕まり
生放送にちょっと出演、
それでも2時間半程度漕いでました。
装備が確認できたので、これからは遠征もしたいと思います。

Sany1562

Sany1557

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月15日 (土)

みくりが池温泉 

会社の机の引き出しを整理していたら、
12年ほど前に行った立山の写真が出てきました。
懐かしい。
六月初旬だったのですが、すでに雪の絶壁はほぼ溶けており、
残念でした。

このときは、室堂ホテルに泊まったのですが、みくりが池温泉には入りませんでした。
今を思えば入っておけばよかった。bearing
この後、室堂で一泊して後、黒部ダム経由で扇沢に抜けました。

Fh000003


| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月11日 (火)

三角港 西港地区

熊本県宇土半島の先端にある三角港は、有明海と八代海をつなぐ水路に面してあり、干潟の発達していない水深の確保できる場所に造られました。

明治時代に、オランダ人技師ローウェンホルスト・ムルデルにより1984年から築港されてます。

Img_0151

石材と木材で岸壁と浮桟橋が構築されていました。

今は、石積だけが残っています。

下の写真、右奥に見えるのが天草五橋の1号橋です。

Img_0152

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 3日 (月)

飯盛山 福岡市西区

近所なのだが、382mです。
Sany1542自宅から自転車で、約10分。
十郎川沿いを上流に登っていくと、登山口の飯盛神社が有ります。
飯盛山も山頂に、山頂宮跡の石碑が、
登山道は、本殿横の林道を中宮まで登ったところから始まっているのですが、中腹までは舗装された林道もある。中宮はちょっとの鳥居がちょっとリッパ過ぎか。

Sany1552

ほとんどは、昭和中頃に植林された杉の人工林で、間伐処理がされ、倒木が切ったまま置かれている。
登山道は、ずっと林の中を登っていくので、森林浴に良い。

林道は、時折下界が見えるので、見晴らしは良い。ちょっと単調。

頂上に近づくと、結構急で、杉の根と、石をよじ登りながらの道に。heart02

山頂まで行くと、博多湾が一望に。

Sany1550 これは、お約束の三角点。

Sany1551_2

Sany1551



飯盛神社では、参道で流鏑馬が行われるほか、弓道の練習場所もある。その横には、日本3大文殊とあるが、文殊堂があり、ここの泉の水飲むと知恵がつくそうなので、少し汲んできた。

Sany1553_2

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

潮干狩り 今年は粒が大きいのかな

博多湾の潮干狩りシーズンが始まった。
今年も水が温むとともに、4月中旬頃の大潮時から潮干狩りをする人が出てきました。
今週半ばが望なので、今日も沢山の人が室見川河口(昨年も書きましたが)に出てます。
今日は近所を流れる十郎川の河口に行ってみました。

Sany1538
小戸ヨットハーバーの横に流れ込む十郎川なのですが、河口は潮が引くと砂質の干潟 になります。水はまだ冷たいのですが、子供ずれの人たちがアサリを取っていました。
おととい、見かけた人たちが持っていたアサリは昨年より大き目かな。
明日あたりからもっと人が増えるんでしょうね。
でも、小粒のアサリの乱獲はやめましょう。

うわさによると、博多湾で獲ったアサリを他地区の漁協に稚貝として卸している人が居るとか。水産資源も総量規制が必要になってきましたね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »