« 秋の久住登山 | トップページ | 海上自衛艦「くらま」が母港へ »

2009年11月 6日 (金)

五島列島への出張

上五島にある有川まで出張してきました。

福岡からだと、かっては上五島空港まで空路が有ったのですが、今は長崎県北の佐世保市まで電車または自動車で移動して、そこから船で、有川港までとなります。
福岡より佐世保まで、自動車で、唐津~伊万里~佐世保と2時間の道のり、佐世保港から有川港まで1時間20分で、目的地は港から徒歩5分です。

上五島は、手延べうどんが名物です。
あご(とびうお)の干したいりこで作る、あっさりしただしの汁で食べるうどんは格別です。
うどんは、手延べうどんで、稲庭うどん、氷見うどんの様です。
お昼は、五島うどんの里(港に有ります)でうどんを食しました。

お土産として今回も、製麺の際にできる半端なうどんを、2kg 1,050円で購入してきました。

仕事を終え、帰りも同じ道のりとなりますが、帰りの船から佐世保港の自衛艦が良く見えます。
佐世保港は今も、自衛隊、米軍の基地となり、少し異国の雰囲気があります。
佐世保バーガーなるものが有名ですが、それは次回の報告と言うことで。

Sany0962

佐世保からの帰路、伊万里の道の駅で、野菜と果物を350円(みかん、キウイ、蕪)で仕入れてきました。
蕪は、浅漬けにして週末においしくいただきました。

|

« 秋の久住登山 | トップページ | 海上自衛艦「くらま」が母港へ »

出張です」カテゴリの記事

コメント

五島列島といえば、旅行したとき見た教会建築の素晴らしさ、思い出しました。
どんな小さな集落にも教会があり、ミサには人々が集っている姿に感激しました。
世界遺産に値すると思います。また行きたいな。

投稿: Repu | 2009年11月 9日 (月) 23時36分

稲庭うどん、食べたいなぁ。

宮古そばは、もっちりごてごてで年に数度、客人と共にって感じ。

あの触感を思い出すだけで唾液が満ちてきよるdelicious

佐世保バーガーに対抗できるのは宮古モズクバーガーでしょうfastfood

投稿: しょう爺 | 2009年11月10日 (火) 08時51分

教会は各町に有りますね。
特に入り江や丘の上にある教会は、周囲の自然と溶け込んですばらしい景色になっていると思います。

また、福江島には、ルルドが日本で初めて蔵置された井持浦教会が有ります。
ここには、20年ほど前に訪れたことがあります。
九州の離島は本当に時間の流れがゆっくりとしていますね。

投稿: Nekton | 2009年11月14日 (土) 23時00分

しょう爺さま

沖縄地方の麺は、つるつる感に欠けるところが特徴ですよね。(味噌煮込みうどんの麺に似ているか?)
名古屋駅前の「守禮門」で締めに食べていた沖縄そばは結構好きでした。noodle

博多はうどん発祥の地(中国から伝来?)としてアピールしており、出汁は関西風でおいしいです。
有名どころでは、「かろのうどん」、「牧のうどん」かな。
麺、味ともに店の特徴が有るので、好き嫌いは、食べて見ないと解りませんが。
私は「小麦冶」(こむぎや)が好きです。(かけうどんが170円です。マクドより安上がりです)

モズクバーガーには興味があります。
(バンズから、ちじれたモズクがはみ出しているのか?shock
妄想が膨らみます。ぜひ、写真で紹介してください。

投稿: Nekton | 2009年11月14日 (土) 23時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/32133928

この記事へのトラックバック一覧です: 五島列島への出張:

« 秋の久住登山 | トップページ | 海上自衛艦「くらま」が母港へ »