« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »

2009年11月

2009年11月27日 (金)

焼き牡蠣の季節?

すっかり週末集中のブロガーになっています。

最近の福岡近辺の漁港では、秋口から冬にかけて焼き牡蠣を食べさせてくれる小屋がたくさん作られます。
この辺の海では、岩場や砂利浜にマガキが居ますので、以前から佐賀から長崎方面の有明海沿岸では、おばちゃんたちが浜で取ってきた牡蠣を焼き牡蠣にして食べさせてくれるところがありました。

最近では、立派な牡蠣を、漁協さんが企画して、仮設小屋の中で食べさせてくれるようになったようです。
福岡市内でも、唐泊漁港やその近辺で、「恵比寿牡蠣」のブランドで売り出しています。
先週、糸島半島の岐志漁港に行きましたが、多くの人でにぎわっており、牡蠣には有りつけませんでした。
(食に関しての行列が苦手な私です)

Ssany1069

牡蠣飯はぜひ食べてみたいので、チャンスを見つけて再トライしたいと思います。
写真は有りませんが、自転車でいける近所にも佐世保の牡蠣を出す仮設小屋ができました。(なぜか伊勢うどん店と同じ敷地です)
商魂たくましいと言うかdollar、牡蠣好きが多いのか。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年11月23日 (月)

佐世保駅で見た巨大モニュメント

出張の際に佐世保駅で見た巨大な「佐世保バーガー」です。が、これを見るだけではあまりおいしそうでは有りませんね。
宮古の「モズクバーガー」の正体が明らかとなった今、「佐世保バーガー」のロケに行くしかないかな。
果たして、ハンバーガーの本家は、モズクのヘルシー攻撃に勝てるのでしょうか。(coming soon )

Dsc00164

話は変わりますが、本場のアメリカンのハンバーガーはとても巨大でした。
20才の時に海外研修航海で行ったグアムでは、すでにクォーターパウンダーが普通に置いてありましたし。
10年ほど前に行ったラスベガスでは、レストランでのハンバーガーの付け合せのポテトフライだけで、腹いっぱいになりそうでした。
アメリカ人の食欲、恐るべし。

日本国内の「ハードロックカフェ」のハンバーガーも結構なボリュームですね。
とにかく、私にとってはポテトの量がすごい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月22日 (日)

九州鉄道記念館

今日は、門司港の方に用事があったので、門司港駅のそばにある「九州鉄道記念館」に行ってきました。

Sany1038

こじんまりとした施設ですが、九州の鉄道の歴史を勉強するのには良いかも、「門司港レトロ」見学のついでに寄ってください。

Sany1040

門司港駅は、木造でレトロな駅舎で有名ですが、駅の中の食堂に「ふぐうどん」が有ります。
かけうどんの上に、揚げたてのふぐのてんぷらを乗せてくれます。てんぷらがホクホクしていておいしいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月21日 (土)

ハンディーGPS

ハンディータイプのGPSが非常に普及してきました。

私が使用(社用ですが)しているのは、ガーミン社製の5年ほど前の機種です。
精度に限界がありますので、使用用途は限られますが、カメラの時計と関連つければ、フィールドで大量に写真撮影した場合におおよその撮影場所が把握できるので便利です。
位置のデータもカシミール3D等の地図ソフトにリンクさせれば、経路図もあわせて作成できますね。
これは、久住山の山頂三角点でのGPS表示です。
道に迷ったときにも元の道をたどれますし、安全にも一役買いそうです。

Sany0941

海上でも自船の位置出しや速度の把握ができるので非常に有用ですね。
以前、福岡から中部国際空港に向かう飛行機内で地図画面を見たときには、非常にスピードが速くてちょっと感動でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月20日 (金)

博多の定番駅弁「かしわめし」です。

ちょっと小ネタでお弁当の話題

今日は神戸に出張だったので、お昼ご飯は博多の定番駅弁の「かしわめし」としました。

「かしわめし」は、博多だけでなく福岡県周辺の色々な駅で売られています。

北九州市の折尾駅では、今でもおじさんがホームで立ち売りをしています。ここの「かしわめし」もおいしいです。

これは、博多駅で買いました。

Ssany1011

また、博多では「水炊き」を食べるとお土産に「かしわめし」をくれます。

居酒屋でも同様のサービスをしているところがあります。

しっかりと出汁がきいているので、翌朝冷たくなったまま食しても非常においしいですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月17日 (火)

秋も深まってきました。

熊本に出かけてきました。

天候は小雨で、傘が要る様な要らないような降り方でした。

熊本市は九州では2番目の行政の中心都市で、郵政関連の機構と防衛関連の機構があります。

熊本市内は、道路がゆったりと作られており都市として圧迫感が少なく、空の面積が大きい印象があります。

これは県庁前のプロムナードですが、銀杏並木の黄色い落ち葉が積もり一番雰囲気の良い時期ではと思います。

Ssany1008

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月15日 (日)

シラスと水産資源枯渇問題

石川県に住んでいた昔、子供の頃ですが魚はあまり好きではなかったかな。
やはり、魚は子供にとって食べにくい(骨がうまく取れなくて)食べ物だったんでしょうね。
今は、骨をとった魚が流通しており、ここまでするのか、という感じです。

今週はじめに、鹿児島薩摩川内市にある唐浜漁港という所に行ってきました。
ちょうど、シラスの水揚げをしている船が見られるとともに、煮たシラスを天日干しにするところが見れました。
シラスは、ご存知のとおり鰯類の子供ですが、私も大好きです。

Ssany0994

少し高くした台の上に細かい網が敷いてあり、その上にシラスがうっすらと積もるように撒かれています。

Ssany0993

でも、こんなに獲って鰯は居なくならないのか心配になります。
魚の資源量は、年々減少していましたが、最近はこれまで魚を食しなかった国々が魚を食べるようになり、さらに資源が足りなくなるのは明白です。(お鮨おいしいもんね。fish

水産資源の持続可能な確保のための取り組みとして、MSC認証が始まっています。
魚は養殖すれば良いと考える人もいるかもしれませんが、魚を養殖で育てるには、「餌」が必要です。
食物連鎖では、大型魚の餌となる小型魚の資源量が減少すれば、当然大型魚も減少しますよね。

NSC認証された魚類は、資源の継続的な確保のため、目の粗い網を使用して小型魚を取らない等の工夫がされた漁業者が捕獲した魚です。少し値段は高くなるようですが、消費者も将来の食料を考えて生活したいですね。

Marine_logo_msc

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年11月 8日 (日)

海上自衛艦「くらま」が母港へ

本日のニュースによると、
先日27日に関門海峡で事故を起こした護衛艦「くらま」が母港に帰港します。
引船に曳かれて佐世保港に向かうようです。
先週11月2日に門司港に出張した際、門司港保安部後ろの岸壁に、「くらま」は接岸していました。

Dsc00165


関門海峡は、狭い、海流が複雑で速い、船舶の航行が多い国際航路である等、海の難所です。
門司港から関門海峡を見ていると、船の通行の多さ、その船の大きさに圧倒されます。

現在の船には、高機能なレーダーとAIS(Automatic Identification System)という自動識別装置が搭載されています。しかし、近年の事故を見る限り、近距離での安全確認には不向きと言えます。やはり、人による見張りが一番有効なようです。

原因を把握して、今後の安全に活かしてもらいたいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年11月 6日 (金)

五島列島への出張

上五島にある有川まで出張してきました。

福岡からだと、かっては上五島空港まで空路が有ったのですが、今は長崎県北の佐世保市まで電車または自動車で移動して、そこから船で、有川港までとなります。
福岡より佐世保まで、自動車で、唐津~伊万里~佐世保と2時間の道のり、佐世保港から有川港まで1時間20分で、目的地は港から徒歩5分です。

上五島は、手延べうどんが名物です。
あご(とびうお)の干したいりこで作る、あっさりしただしの汁で食べるうどんは格別です。
うどんは、手延べうどんで、稲庭うどん、氷見うどんの様です。
お昼は、五島うどんの里(港に有ります)でうどんを食しました。

お土産として今回も、製麺の際にできる半端なうどんを、2kg 1,050円で購入してきました。

仕事を終え、帰りも同じ道のりとなりますが、帰りの船から佐世保港の自衛艦が良く見えます。
佐世保港は今も、自衛隊、米軍の基地となり、少し異国の雰囲気があります。
佐世保バーガーなるものが有名ですが、それは次回の報告と言うことで。

Sany0962

佐世保からの帰路、伊万里の道の駅で、野菜と果物を350円(みかん、キウイ、蕪)で仕入れてきました。
蕪は、浅漬けにして週末においしくいただきました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年10月 | トップページ | 2009年12月 »