« 水中閣僚会議 | トップページ | 日本とかげ? »

2009年10月11日 (日)

日向のお伊勢さま 大御神社の「さざれいし」

宮崎県は神話の国、色々な神様が居ます。

日向市は、宮崎県の北部にあり、非常に交通の便が悪い地域ですね。
ここには、細島港という重要港湾があるので、仕事で行く事があります。
福岡からだと、熊本まで九州自動車道で行き、阿蘇山を横目に、五ヶ瀬川沿いに高千穂峡を通過し、河口である延岡まで九州を横断して行きます。4時間程度の車の旅となりますが、天気が良い日は阿蘇の山並みを見ながらの行程となるのであまり苦にはなりません。
延岡市は、旭化成の企業城下町なので、町名にも「雷管町」とかがあります。また、陸上部のマラソン練習コースなども、一般道に表記してあったりします。

さて、大御神社は、天照皇大御神が祀られ、日向のお伊勢さまと言われているそうです。

境内は、海岸の岩礁に有るのですが、礫混じり堆積岩の「さざれいし」と溶岩からなる柱状節理の境目が見られる珍しい地層があります。

このように、看板が立っています。

Sany0711

「さざれいし」は、京都御所の隣にある神社でも見たことがありますが、地層丸ごとなのは、はじめて見ました。
(単なる堆積岩ではありますが)

近隣は、非常によい景色です。
景色や、大御神社の由来は、神社のページでお楽しみください。

|

« 水中閣僚会議 | トップページ | 日本とかげ? »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/31739036

この記事へのトラックバック一覧です: 日向のお伊勢さま 大御神社の「さざれいし」:

« 水中閣僚会議 | トップページ | 日本とかげ? »