« 「深海ワンダー」と「南極ワンダー」って... 理系離れ、土木工学の将来 | トップページ | 秋の能古の島 Vol.1  »

2009年9月20日 (日)

熊本城

熊本城は、加藤清正が築城し、その後細川家が城主となり明治維新を迎えました。
平山城ですが、周囲が5.3kmもある広大な敷地です。
天守は西南戦争の3日前になぞの出火で消失しており、現在の天守は昭和35年に鉄筋コンクリートで再建されたものでしたが、宇土櫓は築城当時のもの。
感想としては、石垣がとてもすばらしいです。
こんな石垣は現在の技術では積めないと思います。
時代とともに、衰退する技術もあるというのが不思議ですよね。
あと、地下水が豊富なのでしょうが、井戸がいたるところに掘ってありました。

写真は、石垣横から見える天守閣です。(見た目は木造のように見えますがRC構造です)

Sany0734

|

« 「深海ワンダー」と「南極ワンダー」って... 理系離れ、土木工学の将来 | トップページ | 秋の能古の島 Vol.1  »

旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/31473232

この記事へのトラックバック一覧です: 熊本城:

« 「深海ワンダー」と「南極ワンダー」って... 理系離れ、土木工学の将来 | トップページ | 秋の能古の島 Vol.1  »