« 境港(さかいみなと)は、妖怪だらけでした。 | トップページ | 映画「パッテンライ!」と八田與一について »

2009年9月 4日 (金)

雲仙普賢岳と桜島

今日は、鹿児島に在る日本最大の石油備蓄基地に行ってきました。
とてつもなく広大でたくさんのタンクがありますが、わずか日本での2週間分の使用量しかありません。
エネルギーを石油のみに依存することのリスクを感じます。
九州内には、石油備蓄基地が多く、鹿児島県には喜入、志布志、串木野、長崎県上五島の有川、北九州市の白島が在ります。(喜入は民間の備蓄基地です) 詳しくは「石油備蓄」で検索してください。

今日は晴天でしたので、車窓(電車、自動車)から、雲仙普賢岳と桜島が望めました。
これは、熊本県長州付近からの普賢岳です。
正面に見えるクレーン(赤いの)は、長州港のユニバーサル造船のドックです。
その先に有明海があり、対岸が島原半島の普賢岳です。
冷えた溶岩ドームが特徴です。
Sany0675

これは、薩摩半島から見た、噴煙を上げる桜島です。撮影は鹿児島市南部の平川付近です。
今年は、噴火活動が活発で、今年の夏は、鹿児島市への降灰が多かったそうです。
この後、鴨池に付近まで進んだところで、灰が錦江湾を超えてきて、車は降灰の真っ只中での走行となりました。

Sany0686

|

« 境港(さかいみなと)は、妖怪だらけでした。 | トップページ | 映画「パッテンライ!」と八田與一について »

九州の山、岳」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/31236541

この記事へのトラックバック一覧です: 雲仙普賢岳と桜島:

« 境港(さかいみなと)は、妖怪だらけでした。 | トップページ | 映画「パッテンライ!」と八田與一について »