« 鹿児島港から見た桜島 | トップページ | 宝満山登山をしてきました。 »

2009年5月30日 (土)

「点の記」について

新田次郎さんの「剱岳 点の記」が映画として公開されるようです。
きっと、大学時代に読んでいると思うのですが、今はストーリーが思い出せません。
「孤高の人」とかの方が印象が強すぎるのかも知れません。
測量の制度では、「三角点」、「水準点」等の観測記録を「点の記」として登録し、国土地理院で公開しています。
私が登った数少ない山のうち富士山については「みななろ(3776m)正式な標高とされていますが、三角点の位置よりも富士山測候所方が高いところにあるような気がしてなりません。
本当はどうなのでしょうか?

|

« 鹿児島港から見た桜島 | トップページ | 宝満山登山をしてきました。 »

シビルエンジニアリング」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1177492/29841721

この記事へのトラックバック一覧です: 「点の記」について:

« 鹿児島港から見た桜島 | トップページ | 宝満山登山をしてきました。 »